DE22x6K  KATO製 N 専用 6fx デコーダ  生産完了 2013/01/15更新
     (DF22x6K ファンクション専用デコーダ 生産完了 )

DE29x6K へ移行


[HOME]

DE22x6K \3,800- 機関車及びEC,DCのM車用


-モータ配電端子を大きくしました

-6FX (入換標識灯可)
-MOTOR 1A Silent BEMF
-LEDは要別途購入

 

DF22x6K \3,300- EC,DCのT車用

DE22x6Kのモータ駆動用の部品を省略して、プログラミング時には、モータではなくライトを点滅させるように改造。


DP1定義 DE22x6.ini

CVリスト DE22x6_CVLIST.pdf

対応車輛 

キハ35系への搭載例

EF63に対応しています。参考(DE18_EF63K_manual.pdf

1.概要

本デコーダは上級者向けです。

これまで、KATO製車輛向けに”Plug and Play”対応に努力してきましたが、バリエーションの傾向がうまくつかみきれないので、思い切って、LED未実装(要別途入手 分売提供)としてユーザに委ねる事にしました。
つまり、デコーダが比較的容易に車輛に納まって、集電、モータ接続までの対応ということになります。
ファンクションについては、用途が限定されるものの、6FX分用意し、定電流化出力なのでLEDを直接接続して使用します。部品点数が増えたために、筐体と干渉する部分が増えます。

モニタテスト実施済み車輛リスト

#3021-7 EF81トワイライトエクスプレス DE22x6Kを乗せる
#3019-9 EF65 1118 レインボー  
#6072-1 キハ30M DE22x6Kを乗せる 
#6074-1 キハ35M DE22x6Kを乗せる 
#3023-3 EF64 1001 茶色 DE22Kx6搭載記録@      DE22Kx6搭載記録A
#3024-1 EF64-1000 EF64-1000
#10-813 813系200番台 813系200番台
   

2.LED組込み設定    

  1. 本デコーダでは、DE18K3シリーズのように、チップLEDを直接組込むだけでなく、配線にて引き出すことも出来ます。いずれも定電流出力なので抵抗器やCRDは不要です。




    上面部
    チップLED及び通常LED共用グループ

    下面部
    チップLED及び通常LED共用グループ

     

  2. DE18_EF63Kのように、基板の上面に、ヘッドライト用黄色LED、下面にテールライト用赤色LEDの組込みが可能です。

  3. 上図では、上面のチップをヘッドライト、下面のチップをテールライトと仮定していますが、CV60.3=1に設定すれば、上面をテールライト、下面をヘッドライトと出力の入替えが可能です。

  4. DE22Kのように、入換標識灯の組込み設定が可能です

  5. 入換標識灯の機能を使用しないときには、1END側の入換標識灯をCV34、また2END側の入換標識灯をCV37の設定により各々独立FXとして、室内灯などに流用することが可能です。

    なお、CV60.2=0にする場合には、CV36(bit7-4)を(1111)にして明るさを最大にしてください。このCVの明るさ制御は、テールライト用ですが、このモードの場合には、テールライトは最大輝度となり、CV36の輝度は独立FXに適用されます。
    次のバージョン(v.4)で改良予定です。

    また、このモードでも、END制御は、有効で CV37のFXは2ENDに属し、CV34のFXは1ENDに属しますのでご注意ください。



  6. なお、すべての、FXは、F0-F12まで自由に割り付けることが出来ます。ただし、ヘッドライト及びテールライトにあらかじめ割付けられている4FXは、機能変更できないのでご注意下さい。

  7. 以下のようにLEDを差込んで簡易機能テストを実施できます。


3.仕様

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 22V(絶対定格)  12Vを推奨

出力電流

MOTOR

連続 1A   瞬間2A(50msec以内)

FUNCTION * 6

FX 10mA 定電流出力

合計

連続1.2A ピーク(50msec以内)
※連続出力は、放熱無限大の条件です

PWM周波数

16KHz
ただし、BEMF有効時は、約100Hzの周期でモータ逆起電力を取得する為に、出力を一時的にCUTするので、モータによっては多少振動します。

加減速

対応

Speed Step

14,28,128 ステップ
start , mid , max
値変更可能
28スピードテーブルナシ

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット

アナログ運転 アナログ運転における性能保証は
いたしません。