DA4r3 extin (4ch boost ポイントデコーダ)    \3,800-       2021/06/14 更新


[HOME][会社紹介][DCC製品]][ご注文][暫定掲示板]


SIZE:寸法 (96 x 73 x 16 mm)


- 線路電圧 7-22Vを 12V-18V(設定可能)昇圧して大容量のコンデンサに蓄電します。

-最大充電電流は 100mA程度です。
-DCC命令は一旦蓄積されて、充電完了しだいポイントを転換させます。
 

- 外部入力 KATO,TOMIXのポイント転換SWの出力を入力としてマニュアル転換可能です。

-秋月B基板とほぼ同一の大きさで、穴の位置が同じです。

 


DP1定義 DA4r3_exrin.ini

CVリスト  da4r3Extin_cvlist

1.概要

  • 両極性ソレノイド式ポイント専用

  • 内部スイッチングレギュレータにより、確実なポイント駆動電力の生成 (max 18V)

  • 4ch ポイント 4アドレスの同時転換をプログラミングできます。

  • 外部入力 KATO,TOMIXのポイント転換SWの出力を入力としてマニュアル転換可能です。この場合、本デコーダはレール入力にDC電圧入力(非DCC)での動作可能です。
     

  • コンデンサへの充電時間は、2700uFで約5秒かかります。容量が多いほど、設定電圧が高いほど時間がかかります。

  • 転換命令は常に小さい番号の出力が優先されて、順番に処理されます。

2. 結線

3. プログラミング方法

  • 出荷時は、互換モードに設定しているので、車載デコーダと同様にプログラミング可能。

  • Quick Address 設定モード

  • アクセサリデコーダCVプログラミング仕様をご参照ください。

    ※2021.6.15より Quick Address 設定モード仕様変更
    連続して同一アドレスの設定抑止。(意図せず、同じアドレスが設定するのを防ぐため。)
    送料ご負担のみで無償updateします。
     

 

  •  

    4.仕様

    項目

    内容

    動作電圧 7V - 22V (絶対定格 22V)
    出力電流 各出力 連続 0.4A   瞬間1.2A(1sec以内)
    アドレス設定  1-2043
    プログラミングモード 全プログラミングモード
    CV値リセット CV8=103の書き込みでリセット
    ポイント駆動電圧 約18V チャージ時間 約5秒