DE11 (動力車デコーダ)  生産完了     2006/11/14 更新

  

[HOME][会社紹介][DCC製品][ご注文][暫定掲示板]


DE11

SIZE( 30 * 11 * 2.2 mm)
※基板厚 0.5mm
DE11P

SIZE( 30 * 11 * 3 mm)
※絶縁チューブ入り,基板厚 0.8mm
DE11Y(結伝杜仕様)


SIZE( 36 * 11 * 3.5 mm) コネクタ部含まず。
※基板厚 1mm
SDDI2配線コネクタは付属しています。

 

DP1定義(DE11.ini)

ドキュメントダウンロード :DE11 MANUAL (pdf)

 

1.概要

1.1 開発コンセプト

DE11は、0FX BEMF デコーダの決定版として開発しました。

オリジナル型式はDE1です。DE1からDE11までの変遷は、以下の通りになります。

DE1DE8Y2DE11

DE1は、中間動力者車用のデコーダとして、ライト機能を省略してコスト重視ながらも、BEMFを装備していましたが、CPUの制約により外形の大きさに難がありました。その後、小型のCPUがリリースされ早期に、DE11のリリースを目論見ましたが、CPUの入手に時間がかかり、つなぎとして、DE8Y2をリリースしていました。

1.2 機能

DE11は、サイレント駆動による、BEMFデコーダです。サイレント駆動とはモータを駆動するPWM周波数を可聴域外(10KHz以上)にしたものを一般的に示します。BEMFデコーダとはPWMパルスの無電期間に、モータ自身が発電している電圧を計測して、回転速度を推測して、常に一定の回転速度で回転させようとする機能です。

StartDelayという機能を追加しています。これはノッチを投入してから実際に動くまでの時間設定できます。たとえば、停止時減光機能をもつライトデコーダや、現在開発中のサウンドデコーダと組み合わせて使用した場合効果的です。たとえば前者の場合、ノッチ投入とともにヘッドライトがハイビームとなってから、走行し始めます。後者の場合には、ブレーキ解放音の後に走行し始めるという設定が可能となり実感的となります。

2.導入

2.1結線方法

 

RAILA (赤)

RAILB (黒)

DCC信号の入力

MT1+(橙)

MT1−(灰)

MT1モーター出力

 

DE11は、片面実装基板を使用していますので、裏面に配線パターンが存在しないので、裏面については絶縁の必要はありません。

 

3.仕様

3.1 基本仕様

 

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 27V(絶対定格)

出力電流

MOTOR

連続 1A   瞬間3A(100msec以内)

PWM周波数

16KHz
ただし、BEMF有効時は、約100Hzの周期でモータ逆起電力を取得する為に、出力を一時的にCUTするので、モータによっては多少振動します。

加減速

対応

Speed Step

28,128 ステップ
start , mid , max
値変更可能
27
スピードテーブルあり

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット

アナログ運転 アナログ運転における性能保証は
いたしません。(update 2006.10.1)

 

 

 

 

  

4.品質性能試験結果

品質試験概要

項番 テスト項目 NMRA規定値 実測値

結果

1 "1" BIT MARGIN

52 <-->64 (usec) 

44<-->66(usec)

2 "1" BIT DUTY  

64:41(39.0%)<-->41:89(68.5%)

3 "0" BIT MARGIN

90 <-->10000 (usec)

65<-->12000(usec)

4 BAD ADDRESS    
5 BAD BIT   OK
6 ALL ADDRESS

1 <--> 10239

7 ALL CONSIST ADDRESS

1<-->127

 
8 CV Program Paged Mode ->
Direct Mode ->
OPS Mode ->