DA5 (8ch ヤードポイントデコーダ)    \9,800-      (直販のみ)  2014/09/17 更新


[HOME][会社紹介][DCC製品]][ご注文][暫定掲示板]



SIZE:寸法 (100*47*8.7 mm)


- 線路電圧 8-15Vを 12V-18V(設定可能)昇圧して大容量のコンデンサに蓄電します。

-最大充電電流は 100mA程度です。
-4000uF程度の容量であれば 10sec程度で充電完了します。
-DCC命令は一旦蓄積されて、充電完了しだいポイントを転換させます。
-ヤード機能:1つのアドレスに対して、8つまで出力を任意方向に順番に転換させます。

細身の 470uF/25V x 8本(標準添付)を使用して、厚さ 9mmのスペースに完全に収まります。 2014.9.17

 

3Pのターミナルブロック x 9 を付属の場合には (+ \1080-)(要半田付け)

 


DP1定義 DA5.ini

CVリスト  DA5_CVLIST.pdf

1.概要

  • 両極性ソレノイド式ポイント専用 3線タイプも一部可

  • 内部スイッチングレギュレータにより、確実なポイント駆動電力の生成 (max 18V)

  • 8ch Yardポイント 8アドレスの同時転換をプログラミングできます。

  • もちろん独立8chポイントデコーダとしても使用可能です。

  • コンデンサへの充電時間は、4000uFで約10秒かかります。容量が多いほど、設定電圧が高いほど時間がかかります。

  • 同時に8箇所転換命令を出した場合には、転換が完了するのに 8 x10秒かかります。

  • 設定電圧13Vでは、3秒ほどで充電できます。

  • 転換命令は常に小さい番号の出力が優先されて、順番に処理されます。

2. 結線

  1. R+,R-にDCC信号線を接続します。 "G"は"GND"を示します。

  2. PGMSWは、プログラミングモード時に使用します。PGMSWを押下した状態でDCC信号投入することによりプログラミングモードに切り替わります。

  3. 出力は、1〜8まで各々3つのランドで構成しています。OUT+/GND/OUT-の順番になっています。

3. プログラミング方法

 

4. Yardポイントの仕組み

  1. 本デコーダでは、8CH分のDCCアドレスが設定されています。通常のFXデコーダですと。出力 1-8が1対1で割付けられていますが、本デコーダでは、Y1-Y8というヤード番号に割付けています。

  2. 各ヤード番号には、4つのCV値を割り当てます。たとえば、Y1では、CV624,CV632,CV640,CV648 を割り当てます。

  3. CV624: Y1に対して close命令を指示した場合の、転換すべき出力の指定。

  4. CV632: Y1に対して close命令を指示した場合の、出力極性の設定。

  5. CV640: Y1に対して thrown命令を指示した場合の、転換すべき出力の指定。

  6. CV648: Y1に対して thrown命令を指示した場合の、出力極性の設定。

  7. たとえば、CV624=255とした場合には、全出力が同時に転換します。初期値は CV624=1です。

4.2 Yard設定例

  1. 例のヤードのポイント P#1〜P#8に対して、デコーダ出力 1-8を割り当てるとします。

  •  デコーダのYard設定 Y1-Y8を以下のように割り当てます

    アドレス CV for Address
    Y1 着発1 1 CV513=1 CV521=0
    Y2 着発2 2 CV545=2 CV546=0
    Y3 着発3 3 CV547=3 CV548=0
    Y4 着発4 4 CV549=4 CV550=0
    Y5 本線 8 CV551=8 Cv552=0

     

  • 各アドレスに対して、下り方からの入線ルートを "c" 上り方からの入線ルートを "t"と決めると、各ルートは以下のように決まります。

  •   

    ルート

    ポイント開通方向

    CV設定 ※アドレス以外

    Y1 [adrs=1]

    c

    下り方〜着発1

    p#1=t

    p#2=t

       

    CV624=0000.0011 (3)

    CV632=0000.0011 (3)
    t

    着発1〜上り方

    p#7=t

    p#8=t

       

    CV640=1100.0000 (192)

    CV648=1100.0000 (192)
    Y2 [adrs=2] c

    下り方〜着発2

    p#1=t p#2=c p#3=t   CV625=0000.0111 (7) CV633=0000.0101 (5)
    t

    着発2〜上り方

    p#6=t p#7=c p#8=t   CV641=1110.0000 (224) CV649=1010.0000 (160)

    Y3 [adrs=3]

    c

    下り方〜着発3

    p#1=t p#2=c p#3=c p#4=t CV626=0000.1111 (15) CV634=0000.1001 (9)
    t

    着発3〜上り方

    p#5=t p#6=c p#7=c p#8=t CV642=1111.0000 (240) CV650=1001.0000 (144)
    Y4 [adrs=4] c

    下り方〜着発4

    p#1=t p#2=c p#3=c p#4=c CV627=0000.1111 (15) CV635=0000.0001 (1)
    t

    着発4〜上り方

    p#5=c p#6=c p#7=c p#8=t CV643=1111.0000 (240) CV651=1000.0000 (128)

    Y5 [adrs=8]

    c 本線通過 p#1=c p#8=c     CV628=1000.0001 (129) CV636=0000.0000 (0)
    --
  • 後始末 
    上記設定で未使用のCVは後始末しておかないと、予期せぬ動作(正常)がする場合があります。

    Y5 : t CV644=0
    Y6 : c CV629=0
    Y6 : t CV645=0
    Y7 : c CV630=0
    Y7 : t CV646=0
    Y8 : c CV631=0
    Y8 : t CV647=0

     

  •  

    5.仕様

    項目

    内容

    動作電圧 7V - 22V (絶対定格 22V)
    出力電流 各出力 連続 0.4A   瞬間1.2A(1sec以内)
    アドレス設定  1-2044
    プログラミングモード 全プログラミングモード
    CV値リセット CV8=103の書き込みでリセット
    ポイント駆動電圧 約18V チャージ時間 約10秒