DF9r4(ヘッド&テールライト専用デコーダ)     2006/11/14 更新


[HOME][会社紹介][DCC製品][ご注文][暫定掲示板]
 

 
DF9.4

SIZE( 18 * 12 * 2.2 mm)
※基板厚 0.5mm
DF9.4P

SIZE( 18 * 12 * 3 mm)
※絶縁チューブ入り,基板厚 0.8mm

 

DP1定義(DF9.ini)

ドキュメントダウンロード :

DF9 MANUAL (pdf) v14以降

DF9 MANUAL (pdf) v13以降

DF9 MANUAL (pdf) v.12迄

旧バージョンはこちら(df9_3j.htm)

 

1.概要

1.1 開発コンセプト

・ LED専用
・ ヘッドライト、テールライト専用、ディレクショナル機能
・ 停止時ヘッドライト減光システム、F4による臨時減光
・ 既存のヘッドライトテールライトの基板加工を最小限で取り付け可能
 

1.2 機能

DF9は、ヘッドライト及びテールライト専用デコーダです。一般のデコーダと大きく異なる点は、電車、気動車列車の運転台、つまりヘッドライト及びテールライトを前提にした仕様です。

一般のデコーダは機関車等を想定しています。この場合、FL機能とはあくまでもヘッドライトのコントロールであり、テールライトと共用した場合、ヘッドライトを消灯してテールライトだけコントロールすることは不可能です。(個別ファンクション操作を行うしかない。)
DF9では、片運転台の車輌を想定して、F0をヘッドライト、F1をテールライトに設定してあります。したがって、ヘッドライトは、前進しているときだけ、F0によって点灯することができ、テールライトは、逆行しているときのみ、F1で点灯することができます。(デフォルトでは逆行時常に点灯する仕様です)
最近の列車は常にヘッドライトが点灯されていますから、DF9でなくても不自然さはありませんが、一昔前の列車を再現するときには効果的だと思います。
また、停止時減光システムは、ヘッドライトを点灯していても、停止しているときには、減光状態にあり、発進と共にハイビームに切り替わります。
また、走行中でも、F4によって、いつでも減光状態にすることが可能です。これは、駅通過時などに効果的でしょう。

1.3 前バージョンからの変更点

DF9.3からの変更点は、配線基板のデザイン変更と、電源部ダイオードの変更、及び電源部強化用コンデンサ接続穴のの追加の3点です。システムプログラムの変更はありません。
基板のデザイン変更によって、裏面に配線パターンが無くなったため、裏面部の絶縁が不要となりました。

v.14以降での変更点

1. 1FXのみの単独点灯廃止。ヘッド&テール専用化
2. 連結面消灯機能廃止。←トラブル多発のため
3. 連結面制御のCVをCV61で独立。したがって、OPSで簡単に変更できます。
4. 電車の運転台を考慮。先頭車を CV29.0=0で1ENDとして設定。最後尾車を CV29.0=1で2ENDとして定義。
5. したがって先頭車の連結面(1END側)を消灯するときには、CV61=2に設定する。
6. 最後尾車の連結面(2END側)を消灯するときには、CV61=1に設定する。
7. CV61=0で全消灯。CV61=3(初期値)で全点灯となります。
8. CV64照度設定が可能となりました。線路電圧が高い場合(12V以上)には適切値に調整してLEDの発熱を抑えるべきです。


2.導入

2.1結線方法

 

 

RAILA (赤)

RAILB (黒)

DCC信号の入力

Head Light(白)

Tail light(黄)

白を+ 黄―として接続

黄を+白を−として接続

青(V+) DF9.4Pのみ配線

※V+をコモン+として、一般のデコーダと同じように、FXを配線
しても意図しない動作となります。(Front,Rearが入れ替わったようになる)

茶(GND)

DF9r4は、片面実装基板を使用していますので、裏面に配線パターンが存在しないので、裏面については絶縁の必要はありません。

2.2 推奨点灯回路

 

※LEDに直列に入っている保護ダイオードは、鉄道模型では省略されることもありますが、
基本的に必要です。一見すると、LEDもダイオードなので不要と思われますが、LEDに
逆方向に4V以上掛けるとダメージを与えてしまいます。

※ただし、左図のようにLEDを対向に接続する場合においては、ダイオードは必要ありません。
これは、逆電圧が、LEDの電圧降下分(約2V)しかかからないからです、(←見落としていました)

2.3 抵抗器の選定

 

抵抗器の選定は以下の様に決めます

1.レールに流れる電圧が+−12V、LEDの順方向電圧が2Vと仮定します。
2.DF9の出力は約1.8Vの電圧降下があります。
3.LEDに直列に入れる保護ダイオードは約0.6Vの電圧降下があります。
4.以上の条件により抵抗器にかかる電圧は 

12 - 1.8 - 0.6 - 2 = 7.6V になります。

5. LEDに15mA流す場合には、抵抗値=7600mV ÷15mA=506.7Ω

となりこれに近い少し大きめの値を採用します。たとえば510Ω

耐圧については、7.6÷510Ω*7.6V=0.11W

つまり、1/8W以上のものを選択すれば良いでしょう。

 

2.4 外部コンデンサの装着

動力車ではない車体に、デコーダを搭載する場合には、集電に気をつける必要がありますが、デコーダの電源部にコンデンサを装着するのも効果があります。10uFから220uFの間で選定してください。極性と耐圧には十分注意してください。

 

3.仕様

3.1 基本仕様

  

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 27V(絶対定格)

出力電流

F0−F1各々 MAX 100mA 150mW
F0,F1
は同時に点灯しません(仕様)

白熱灯は、通電時にラッシュ電流が流れるので、使用できません。たとえ問題なく動作していても、寿命が短縮される可能性があります。

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット