DEP#1 (据置型デコーダ)  \29,800-   2010/02/05 更新


[HOME][会社紹介][DCC製品]][ご注文][暫定掲示板]

標準添付

  • ACアダプタ (12V 1A)
  • 出力コネクタ
  • ゴム足(両面テープ式)

外形寸法
(105*81*30 mm) 突起物を除く 

 


 

写真の液晶表示
  • モータ出力電圧(PWM電圧) 11.5V
  • スロットル位置での平均出力電圧 8.8V
  • 出力負荷電流 15mA

 

ドキュメントダウンロード : 

製品説明書

ngdcc/docs/DEP1_manual.pdf (update 2008.5.12)
ngdcc/docs/DEP1_manualv2.pdf
(update 2008.7.8)
※製品説明書は、WEBからダウンロードのみです。製品には添付していません
          CVリスト ngdcc/docs/DEP1_CVLIST.pdf

DP1定義 

ngdcc/dp1/cfg/DEP1.ini

 

※ver.20 より、短絡検知の感度調整機能を付加しました。

- 約10msecの間隔で電流チェックを行っていますが、ポイント構造等により、一瞬の短絡が不可避なケースがあるようで、現象発生時毎に待機状態(リセット待ち)となるのは、甚だ不便であるということで、感度を調整できるようにしました。

ver.20未満のDEP#1に対し、内部プログラム書換えサービスを実施いたします。
アップグレード費用は、基板だけのやり取りであれば
送料のみ(クッション封筒を使えば定形外で切手同封(\200-)でも可)。
本体丸ごとですと、\500- + 送料となります。
以上、メールで申し込みください。

分解方法
1.ボリュームのツマミを、2mmの6角レンチでゆるめてはずします。
2.側面の4本のねじをはずすとケースがあきます。
3.スイッチ+ボリューム基板を3本のねじではずします。
4.2本のねじでLCDを取り外す。
5.3本のねじで基板が外れます。


1.概要

     1. 本製品は、DCCデコーダに、方向切り替えスイッチと、出力調整スロットルがついたものです。 
2. ACアダプタを接続すれば、BEMFパワーパックとしての使用が可能です。 
3. DCC信号を入力すれば、電圧、電流表示の出来る DCCデコーダとして使用できます。 
4. 本製品は、2つの使い方があります。 1つめは、デコーダ搭載前のモータ、車輛の特性チェックです。最大電流の測定が可能です。また、BEMFの効果など、事前の走行感を確認することが可能となります。 
5. 2つめは、そもそもDCC化しない、もしくはスペースが無いなどの理由で、デコーダを搭載しないが、BEMFを使用したいという、パワーパックとしての使い方です。 
6. 電流制限を細かく設定することが可能で、安心して操作が可能です。 
7. 各種設定項目は、CV値として格納しているため、DCCシステムが必要ですが、電流値や、BEMF、リセット等の簡易設定は、設定ボタンにより設定変更が可能です。 
8. 本製品には、安全上の理由で電源スイッチはついておりません。ACアダプタをコンセントからその都度抜き差ししてください。
9. 本製品は、PWMパルス出力です。パルス出力に不適当とされる車輛に使用しないで下さい。
10. BEMFは、すべての車輛で効果が確認できるわけではありません。
11.LED等、照明装置がチラつく可能性があります。
12.集電状況が悪い場合には、動作が不安定となります。
13.本製品を安定化電源装置としての使用をしてはいけません。

以下のブログで紹介されています。

Giants of the West2008年07月 - livedoor Blog(ブログ)

 

youtube デモ掲載(Zスケールでの走行テスト風景です)

ループの登り下りを安定して走行します。
一定の速度で走行するように出力が自動的に調整されるので、手放しでも、ジェットコースターのようにはなりません。
2台の、DEP#1を使用しています。

 

 

先頭、最後尾の2動力車の構成ですが、安定して走行するようです。
照明もいいタイミングで、明るく点灯しています。

※この例は、相性のきわめて良い状態だと思います。車両によっては、照明が点滅してしまうこともあります。DEP#1は、PWM出力をさらに、断続的に調整しているので相性が悪い場合には、ガクガクとした走行となります。

 

 

 



2.仕様

 

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 22V(絶対定格)

出力電流

MOTOR

連続 2A   瞬間7A(50msec以内)  
※出荷時は MAX:0.8
Aに設定しています。
1A以上の出力設定するためには、別途高出力のACアダプタが必要です。

PWM周波数

16KHz
ただし、BEMF有効時は、約100Hzの周期でモータ逆起電力を取得する為に、出力を一時的にCUTするので、多少振動します。

加減速

対応

Speed Step

14,28,128 ステップ
start , mid , max 
27スピードテーブル

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット

電流、電圧表示精度  +- 5%程度  (10V,1000mA)